カテゴリー別アーカイブ: コンサルティング営業課

もうすぐ師走

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
コンサルティング営業課の野沢と申します。


世間ではクリスマスムードになってきましたね。


先日自宅マンションでも、
マンションの子供たちと一緒に
飾り付けを行いました。

皆様にとっては、
どこにでもある
ふつうのクリスマスツリーかと思いますが、
私事で、自治会活動を12年間続けてきて、
ようやくブログにアップできるだけの
まともなツリーになったんです。



ということで、
クリスマスツリーを意識するように生活をしていると、
自宅近所で、こんなイベントがありました。

要は、
・予算と場所を提供
・近隣の方が企画案をだし、選ばれたチームが競ってデコレーション
・投票⇒グランプリ選出
というイベントです。


当課は、コンサルティング営業課につき、
選抜チームの一部を分析してみました。

⇒予算配分をライティングに多くかけており、
非常にきらびやかでゴージャス感を演出。



⇒写真だと分かりづらいかもですが、
実際のプレゼント(お菓子)をツリーにぶら下げているアイデアツリー。
彩りもよく、非常に目を引きました。


上記分析結果を踏まえ、
来年の自宅マンションのツリーも
改善が必要であると感じました。


分析と言えば、
https://www.vanfu.co.jp/vf/service/print-consulting
当課は印刷に特化した分析ビジネスを行っております。


師走は、煩雑な時期になるので、
煩雑と言えば、
https://www.vanfu.co.jp/vf/pm/primane.html
印刷管理システムで簡単管理も可能です。


・・・
途中から本業の告知となりましたが、
皆様素敵なクリスマスをお過ごしください。

印刷に恋して

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
コンサルティング営業課の榎本と申します。

唐突に、印刷愛を告白したわけではございません!
私自身は印刷に恋する特異性質はありませんが、
『印刷に恋して』という本を読んだのでご紹介させていただきます。


引用元:https://www.shobunsha.co.jp/?p=1447

タイトルはキャッチー?ですが、
内容はいたってマジメに印刷について語られています。

活版、写植、グラビア印刷、オフセット印刷など、
専門的な内容をそれなりに(あくまで、それなりにですが)、
わかりやすいルポ調で、そして、かなりの熱量を持って語りかけてきます。
イラスト込みで圧倒的な情報量です!
1点注意点としては、2001年発行ということもあり、
若干情報が古いのはご愛敬ですね。

決して面白い内容本ではありませんが(笑)、
印刷というニッチなジャンルに興味のある方には必読かもしれません。

最後までご精読ありがとうございました。

愛用品!前掛け!

こんにちは。
コンサルティング営業課の櫻井です。
今日は、私がキャンプで愛用している前掛けをご紹介いたします。
(と言っても最近は、全然キャンプに行けなくて、禁断症状が出ていますが)



オッシュマンズのオリジナル帆前掛けです!

色々なアウトドアブランドとコラボしており、
ロゴがたくさんでかっこいいと思います。

欲しいと思った方、残念ながらこちら発売したのが2014年でそれ以降は
恐らく販売されていません。
ヤフオクかメルカリなどでGETするしかないです。
これが発売された時に同じ絵柄(ロゴいっぱい)のナルゲンボトルとTシャツも
あったのですが、それは買っていなくて、後になってかなり後悔しました。


ちなみに、帆風でもオリジナル帆前掛け扱っています!


帆風各店へぜひお問い合わせください!

鯛が面損

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。

コンサルティング営業課の野沢と申します。

先日家族で【釣り】に行ってまいりました。

です

※三浦半島にあるJ’s Fishingという海上にあるイケスで大人も子供も非常に楽しめます。



10/15

この魚が乗っている台をみる限り
あと5匹でコンプリートでした。


この状況を印刷に例えると

こんな具合です。

※面損=一枚の用紙に複数面を付けて印刷した時、一部の面にキズや汚れなどができてしまうこと。
あるいは、キズや汚れなどがある面のこと。(Weblio辞書より引用)




・ ・ ・



最後は釣りと印刷を強引に絡めてしまいましたが、
釣りと印刷コンサルティングにご興味がある方は
帆風コンサルティング営業課の野沢まで
お問い合わせ下さい。

千葉のRGB

いつもバンフ―スタッフブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます。

コンサルティング営業課の野沢と申します。


2019年も折り返しに入り、東京オリンピックも400日を切り、
オリンピックといえば、初のオリンピック競技であり、
サーフィン会場としても熱い【千葉】。

94.5
これは、私の人生における千葉県内で過ごした割合であり、
そんな私は、
【千葉】が大好きなのです。
ということで題して
千葉の【RGB】と称し、
千葉の魅力プレゼンさせていただきます。

①【Kamo-Sea BLUE】

クラゲがブルーバイオレットに照らされ、
素適なんです。
はい、RGBの【B】ですね。

※千葉雑学①:千葉人 ≒ 特に千葉市以南の房総半島の人は、鴨川シーワールドを【カモシー】と呼びます。


②【Ma-Boku GREEN】

房総の広大なグリーンの芝生に、
羊の群れが【令和】の羊文字を作り、
素適なんです。
はい、RGBの【G】ですね。

※千葉雑学②:千葉人 ≒ 特に千葉市以南の房総半島の人は、マザー牧場を【マーボク】と呼びます。


③ 【Chiba-Kun RED】

・・・RGBの【R】・・・

すみません!

やっぱり千葉の赤を探したんですが、
チーバ君しかみつかりませんでした。

グダグダなプレゼンになってしまいましたが、

【千葉】本当に最高です。

皆様もぜひ【カモシー】や【マーボク】に足を運ばれ、
千葉の魅力やチーバ君探しに足を運ばれてはいかがでしょうか?

それでは

・千葉の素敵な赤をご存じの方
・プリントコンサルティングにご興味の方
は、私野沢までお申し付けください。

※このブログがデジャブした方は、過去ブログをチェケラ~~!!!

印刷あるある

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
コンサルティング営業課の榎本と申します。

突然ですが、業界毎に「あるある」と呼ばれる習慣?がありますよね。
そこで、今回は印刷会社の「あるある」をテーマにした本をご紹介いたします!


引用元:https://hon.gakken.jp/book/1340664100

雑誌GetNaviで連載の「今日も下版はできません! 」の書籍版!
印刷用語解説や、印刷物完成までの過程をまとめた要素が描かれています。
中堅印刷会社「ナビ印刷」を舞台に、毎回起こる印刷事故に営業や現場はてんてこ舞い。。
印刷会社営業出身の著者が繰り出す、リアリティー溢れる実態に共感が止まりません!

松崎しげるを見て、リッチブラックを想像し、
某女優では、所詮網点の集合体だよなと感じ、
嫌いな言葉は「刷り直し」の私には沁み入る一冊でした。

最後にはなりますが、現実には事故が毎回のように起きたりはしません!笑
どうかご安心して当社にご依頼下さい!

令和は木更津

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
コンサルティング営業課の野沢と申します。

この4月より新設部署としてコンサルティング営業課を立ち上げました。

これまであったプリントマネジメント課を解体し、
よりコンサルティングに特化するべく組織を再編成いたしましたので、
引き続きよろしくお願い申し上げます。


さて、ブログの件名にある木更津ですが、
私が18歳まで過ごしたいわゆる故郷でございます。

そんな木更津が、今が旬ワード【令和】に向けて更に進化しつつあるので、
新元号と交え、平成~令和における木更津の主な出来事を表にまとめてみました。
※完全に独断です。

昔は何もなかった木更津に、
アウトレットモールに加え
コストコ
人工サーフィン施設
ポルシェ試乗

ができる(らしい)んです!!!


木更津にいらしたことのない皆様、アクアラインはまだ800円継続中につき
令和は木更津
を合言葉にいらしてください。

ここまで読んで下さった方、

正直に言います。

ただ【令和】を使いたかっただけです。

・・・

それでは、
・印刷のコンサルティングに興味がある方
・アクアラインの渋滞回避ルートを知りたい方
私、コンサルティング営業課の野沢までお知らせください。

みんな大好き!博多劇場!!

こんにちは。
プリントマネジメント課の櫻井です。
今日は、私のお気に入りの居酒屋さんをご紹介いたします。

屋台屋「博多劇場」です。

出典 : ぐるなび


その名の通り、博多の料理でもてなしてくれる居酒屋です。
もつ鍋や餃子、串焼き等がおすすめです。

博多と言っていますが、今のところお店は東京・埼玉・千葉にしかありません。
博多から上京したわけではなさそうです。
私の地元の武蔵浦和にも昨年オープンしました。

お店のアプリがありまして、アプリ会員になると色々な特典があります。
来店するとスタンプ1個もらえます。

【アプリ会員入会特典】
・次回の来店からお通し代一生無料
・誕生月に年の数だけ餃子プレゼント

【スタンプ3個】VIP会員にグレードアップ
・1杯目のドリンクが「どでかジョッキ」に変更
・宴会予約で餃子の数2倍

【スタンプ10個】プレミアム会員にグレードアップ
・VIP会員限定専用会員木札購入権獲得
・餃子100個プレゼントするほか、10個の無料特典を獲得
・好みの席を優先予約特典
・おでんの汁おかわり無料
・肩揉み5秒しちゃう特典
・お酒ちょい濃いめ。変更無料
・明日の味噌汁プレゼント特典
・18時前入店でどでかジョッキ一杯無料
・充電器貸出
・お席のウコングレードアップ
・お通しグレードアップ
・おしぼり交換何度でも無料

ちなみに私は4ポイントです。


先日、近所のパパ友2名と行きまして、一人が誕生月ということで、
四十数個の餃子を無料でいただきました\^o^/

3で割ったら一人十数個で、一口餃子なので、ペロリと食べてしまいました!

残念ながら飯田橋にはありませんが、
丸ノ内、池袋、高田馬場、西新宿あたりが近いですね。

皆さんも良かったらぜひ行ってみて下さい!

スーパーブラッドウルフムーン

こんにちは!
プリントマネジメント課の林と申します。
いつもスタッフブログを閲覧下さりありがとうございます。


皆様、1月21日は「どこ」で「なに」をされておりましたでしょうか。

「米大陸および欧州の一部」で「空を見上げていた」なんて方はいらっしゃいますか。
そんな方はきっと「スーパーブラッドウルフムーン」なるものを見ていたのでしょうね。


スーパーブラッドウルフムーン??

「なんだその中二〇が好きそうな単語の並び」
「なんかのゲームの技ですかい?」


そう思った方も多いのではないでしょうか。
恥ずかしながら私はそう思ってしまいました。

では、スーパーブラッドウルフムーンとは何なのでしょう。

答えは、
「スーパームーン × ブラッドムーン × ウルフムーン」
の組み合わせから生まれたものだそうです。

  • スーパームーン:普通の満月よりも大きく明るく見える満月
  • ブラッドムーン:皆既月食
  • ウルフムーン:1月の満月のこと

この3つがタイミング良く重なった現象が、スーパーブラッドウルフムーンだそうです。
※1月21日のスーパーブラッドウルフムーンは、日本からは残念ながら皆既月食は楽しめなかったようです。
(スーパーウルフムーンってとこでしょうか)


引用元 : https://www.cnn.co.jp/fringe/35131592.html


ちなみに、ウルフムーンのように
他の月にもそれぞれ満月の呼びかたがあるみたいですね。

  • 1月:ウルフムーン(Wolf Moon)
  • 2月:スノームーン(Snow Moon)
  • 3月:ワームムーン(Worm Moon)
  • 4月:ピンクムーン(Pink Moon)
  • 5月:フラワームーン(Flower Moon)
  • 6月:ストロベリームーン(Strawberry Moon)
  • 7月:バクムーン(Buck Moon)
  • 8月:スタージャンムーン(Sturgeon Moon)
  • 9月:ハーベストムーン(Harvest Moon)
  • 10月:ハンターズムーン(Hunter’s Moon)
  • 11月:ビーバームーン(Beaver Moon)
  • 12月:コールドムーン(Cold Moon)

だそうです。

ご自身の誕生月の満月名が気になった方は、
由来など調べてみてはいかがでしょうか。


あ、それと、2019年に1番大きく見える月は、2月19~20日に現れるようです。
夜空を見上げながら、
「今宵のお月さんは、随分でけぇなぁ・・・かぐや姫でも舞い降りてきそうだ」
と、中二◯に思われない程度に呟いてみては!


それではまた。

個人的で部分的な平成の振り返り

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
プリントマネジメント課の榎本と申します。


ここ最近、平成を振り返るという話題が増えてきましたね。
そこで、部分的に平成を振り返ってみることにします!

テーマは、です!
数々のベストセラーが生まれてきましたが、
平成一のベストセラーと言えば、『ハリー・ポッター』シリーズではないでしょうか!


引用元:https://www.sayzansha.com/

調べてみると日本での発行部数だけで2000万部以上、
全世界では、なんと5億部を超えるそうです~
つい印税を計算してみたくなりますね(笑)

『賢者の石』をドキドキしながら読んだ小学時代、
『死の秘宝』を所詮児童文学だからねーと言いながらも徹夜して読んだ高校時代(笑)、
ハリーたちと共に大人になったと言えるかもしれません…!
(はい、大げさでした…)


皆さんも部分的に、平成という時代を振り返ってみるのはいかがでしょうか?

最後までご精読いただきありがとうございました。