カテゴリー別アーカイブ: バンフーオンラインショップ

オリジナルTシャツ

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます。
バンフーオンラインショップの横山と申します。

私は、先日、連休を使って北海道に行ってきました。

初の北海道だったのですが、天気にも恵まれ
とても満喫することができました!

オススメはこちら!

小樽です!
ここは、ドラマの撮影現場にも抜擢されるほど、有名な場所なのだとか!
とてもキレイですよね~

他にも小樽には観光スポットが密集していて、回り切れないほどでした。

また、観光スポットだけではなく、こんな美味しいご飯も!

三角市場という駅近の市場があり、選り取り見取りの海鮮を満喫できちゃいました。

食べ歩き用の「ざんぎ」「メロン」なども美味しかったです!

小樽の街をこんなに楽しめたのは、小樽の街が素晴らしかったからというのも勿論ありますが、
好きな実況者のグッズ(オリジナルTシャツ)を着て気分が上がっていたから!かも。

バンフーでも作れるオリジナルTシャツ…!
なんと、オンラインショップでは、
Tシャツの種類にもよりますが、多いものであれば、ウェアカラー30色以上の中から、
サイズもキッズサイズからXLまでご注文いただけます。

旅行に行く前から気分をあげて、最高に楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。
バンフーオンラインショップ:https://www.vanfu.co.jp/t-shirt/cate637/

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

京都旅行

こんにちは!
バンフーオンラインショップの酒井と申します。

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

少し前の話になりますが、友人と京都に行きました。

有名な伏見稲荷大社の「千本鳥居」にも行けて大満足!
京都は観光スポットがたくさんあって楽しいですよね。

こちらはSNOOPY茶屋で一休みした時の写真です。
どの食事も可愛くて選んでいる時も楽しかったな~
コースターが今、数量限定で秋仕様になっているみたいなので
興味のある方はぜひ足を運んでみてください!私も記念に持ち帰りました!

そして 宿泊したホテルの部屋に可愛いうちわがあったんです!
まだ暑かった時期にいったので季節外れのご紹介になってしまいますが、、(笑)

とても素敵なデザインでこちらもお持ち帰り!!!!
思い出をカタチに残すことができるのはいいですよね。
大切に取っておこうと思います。

バンフーでは、紙の印刷物の他にもさまざまな商品のお取り扱いがございますので
お気軽にお問合わせください。

ぜひ夏の暑い時期にはうちわのご相談もお待ちしております!(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

花やしき

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
バンフーオンラインショップ カスタマーの朝比奈と申します。

私は先日、約15年ぶりに花やしきに行ってまいりました。
15年前にはびびって乗れなかったジェットコースターも乗りました。
(当時8歳だった弟は母と乗っていました)
絶叫系に乗ると神と交信してしまうタイプなので滅多に乗らないのですが
「さすがに今これは余裕じゃん….!」と調子乗ってたら降下する際に膝強打しました。


続いてお化け屋敷に行きました。
直前に出てきたお姉さま方が泣きながら出てきてめちゃめちゃびびりながら入り
びびりすぎて多分本来開けたりするところ全く無視、素通り貫きました。


そして花やしきで一番テンションが上がったのがこちら!!!!!!


※この写真は花やしきではないです。
缶バッチと思いきやマグネット!!!!
カメラの低さ的に小さいお友達向けでしたが
こういうのは記念にやっておきたいタイプなので 迷わず両替して600円投下しました。(※平日だったので人はいませんでした)

できたのはこちらです!


謎の手の位置、ちょっとはしゃぎすぎて写真がぶれぶれです。
1回のシャッターで3枚撮れるので、小さなお子様もいい写真が撮れる工夫なのだろうと思い感動しました。
缶バッチ感がすごいです。
一緒に行った友達2人に「これ缶バッチだったらいいのに!」と言われました。

そういえば、オリジナル缶バッチ、バンフーでも作れます….!!!
オンラインショップはこちらです。 :https://www.vanfu.co.jp/edible/cate10178/
店舗でもご相談可でございます。お待ちしております!

はじまりの日

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
バンフーオンラインショップの藤原と申します。

私には3歳になる娘がいます。
娘は2歳半になるくらいの時に、父親(娘のパパ)から娘にこの本がプレゼントされました。


「はじまりの日」

ボブ・ディランの名曲『Forever Young』をもとに詩人アーサー・ビナードさんが邦訳の絵本です。

ボブ・ディランの『Forever Young』は私も大好きな曲なのですが、この絵本を読んでからもっともっとこの曲が好きになりました。

この絵本は子供でも伝わりやすいようにシンプルな言葉で書かれていますが、とても、とても愛に溢れた内容でした。
幼い娘にまだ伝わらないと思いますが、私はこの本を読んで「LOVE&PEACE」という言葉が頭に浮かび、とてもとても暖かく、優しい気持ちになりました、

『Forever Young』はボブ・ディランが自分の息子さんのことを想って作った曲ということもあり、親である私にはとても心に沁みる内容でした。

毎日がきみの はじまりの日
きょうもあしたも あたらしいきみの はじまりの日
※本文抜粋

今世の中にはいろんな事故や事件があり、悲しみ、怒りを感じることもたくさんありますが、
未来ある子どもたちが「LOVE&PEACE」で生きていけるように私たちがその道しるべを作ってあげたいなとしみじみ思いました。


今回は父から娘の贈り物の絵本について書かせていただきましたが、
記念日以外にも「想いの伝わる」贈り物をプレゼントするっていいですね。
みなさんの周りにいる大切な人へ、記念日以外でも普段言葉で伝えられない想いを「カタチ」にしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

バンフーでは紙への印刷以外にも贈り物にぴったりなノベルティ商品も多数取り揃えています。
「オリジナルで何か作りたいけど、どういう物を作っていいか分からない・・・」などありましたら
ぜひぜひお気軽にお問い合わせください!
バンフースタッフがお客様のご要望にお答えいたします!!


最後までお読みいただきありがとうございます。

人生初

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
バンフーオンラインショップの福原と申します。

先日、人生で初めてディズニーシーのホテルミラコスタに泊まってまいりました!

とてもおしゃれな造りで、外国に来た気分。
部屋の壁にはいたるところにキャラクターが描かれており、
テンションがあがりっぱなしでした。
ミッキーが印刷されたコップやポストカード等は持ち帰りOKだったので、
持って帰ってきちゃいました〜〜。
形に残るものっていいですね。

素敵な思い出として、大事にとっておこうと思います。
皆さんも、特別な日はぜひ宿泊してみてください!
最後までお読みいただきありがとうございました。

あそびのじかん

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
バンフーオンラインショップの西藤と申します。

8月も後半に入り、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今年入社したばかりの研修中の身としましては、
この暑い夏の季節もあっという間でした。

さて、あっという間と言っても夏の思い出ももちろん作りました。
夏はやっぱり何かしら思い出を残したくなりますよね。

・・・ということで、
のんびり美術館に行ってきました。

清澄白河にございます東京都現代美術館「あそびのじかん」展に行ってまいりました。

「あそびのじかん」展がどのようなものかと言うと、

「遊んでないで◯◯しなさい!」と日常ではよく言われるのですが、
日常の決まりに囚われないあそびだからこそ、新しい発見があるのではないか。

といったようなコンセプトのもと、
子供も大人も作品に参加しながら感覚で楽しめて、
何が起こるのか分からないのが楽しみな展覧会です!(かなりざっくりな説明です。)

詳しくはこちら
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/time-to-play/

写真撮影もOKでしたので、ご友人、ご家族と一緒に撮り合うのもおすすめです。



1枚目・タンスに登れる(※登れるのはタンスの1段目まで)「受験の壁」
2枚目・来場者がデコレーションしたお面の並ぶ「タノニマス」
3枚目・言葉を並び替えて不思議な組み合わせを楽しむ「呪いのつみき」

などなど、6人の作家による展示企画が面白おかしく体験できます!

さて、こちらの参加型の展示会にも
沢山の印刷物…もとい、紙が使われていました。

展示案内のチラシもそうですし、
折るとメッセージの出てくる紙飛行機を飛ばしてみたり、


細長い紙に言葉が延々と綴られているオブジェクトがあったり、

先述の「呪いのつみき」も紙で作られています。

この「呪いのつみき」たちは、
実際にワークショプに参加した方々が出した言葉なんだそうです。
なんだか素敵ですね。


紙は、メッセージを伝える手段として使われたり、
色がついてて綺麗なものや、何かを作ることが出来たり、使い方は様々です。

今回の「あそびのじかん」の作品をみて
紙がこんなにも形を変えて色んなことが出来たり、
多くの人と共有したり伝えることが出来るものになるのか、と驚かされました。
(実際に見ると圧巻なんです。)

日常の中で、当たり前に溢れんばかりにある紙ですが、
こんなおともできるのか、面白い…!というのが私の再発見でした。

「あそびのじかん」展はまだまだ開催中でございますので、
気になった方はぜひ足を運んでみてください。

そしてまだ残暑が続くと思いますので、みなさまご自愛ください。

それでは本日はこのへんで失礼します。

フォレスト・ガンプ

バンフースタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
バンフーオンラインショップの村角です。

本日はフォレスト・ガンプという素晴らしすぎる映画を紹介させてください!


引用元:https://eiga.com/movie/48663/photo/

トム・ハンクス演じる主人公フォレスト・ガンプは、
生まれつき人よりも知能指数が低く、骨格も脆弱で脚装具がなければ歩けないほどでした。
しかし、そんな風に生まれたからこその実直さ、謙虚さ、誠実さ、純真さを持っており、
ただ真っ直ぐに愚直に生きているだけで、
激動の20世紀後半アメリカにおいて様々な成功体験を収め、
人々を惹きつけ、やがて偉人となっていく様子を描いたドキュメンタリーチックな映画です。


色々な経験をされてきた大人のみなさまであれば、本当に心が洗われ、
自分の生き方を考えらせられる様な映画となっております。


さて、この映画の中で主人公の親友・ババという人が
エビ料理屋を開店する」という夢を持ちながらも
戦士してしまい、主人公が代わりに店をオープンさせるという展開があるのですが、、
そのエビ料理店を実際に再現したお店が東京/大阪にあります!

ババ・ガンプ・シュリンプ
http://bubbagump.jp/

お店の雰囲気は映画を完全再現しており、料理もエビ類のシーフードが中心です。
味付けは濃いめでカロリーお化けな感じがありますが、とっても美味しいです:)


店内装飾がかなり凝っており、透明PVCシールが大きくガラス一面に施されておりました。


備品のほとんどがオリジナル製品で、テーブルにも大きくロゴが印字されています!


東京は後楽園・豊洲にあり、大阪はUSJ駅隣接の商業施設にございます!
映画の雰囲気が存分に楽しめますよ!

夏休みの思い出

こんにちは!
バンフーオンラインショップの池田です。

先週早めの夏休みをいただき、宮城県へ旅行へ行ってきました。
1歳の娘との初旅行!とっても楽しかったです。

天気予報は雨でしたが奇跡的にくもりで過ごしやすい気候でした!

牧場でヤギや羊と戯れ、、

露天風呂で癒やされ、、

ずんだシェイクにずんだ餅に牛タン、仙台牛、、
最終日にアンパンマンミュージアム!
盛りだくさんな3日間でした。
アンパンマンミュージアムの入場チケットは可愛かったのでとってあります。
娘が大きくなった時に「楽しかったね〜」と思い出話ができるその日までとっておこうと思います!


印刷物って、、いいですね〜!!(唐突)


皆さんはなにか思い出の印刷物ってありますか?

名作漫画

いつもバンフースタッフブログを御覧いただきありがとうございます。
バンフーオンラインショップの若槻と申します。

私は基本外出をしないのですが、
最近、週末は絵本が大好きな娘と地元の図書館に足繁く通ってます。

実家の裏にあり、学生の頃は毎日の様に通っていた場所に娘と来る日がくるなんて・・・!
と少し感動してます。
娘は絵本に大興奮ですが、わたしはその図書館で貸出をしている
名作漫画を再読することに絶賛ハマり中です。

中でも、おすすめを紹介できたらと思います!

まず、
ブラックジャック

(引用元: https://booklive.jp/product/index/title_id/37100/vol_no/001


漫画界の巨匠手塚治虫先生の代表作ですね。
無免許だが天才的な腕を持つ外科医、通称ブラック・ジャックが
難病や困難な外科手術を成功させお金持ちからは法外の請求をし、
貧しい人からはお金を取らない。
人の命を操ることができるお医者さんとしては本当に神様のような行為だなあと思います。
手塚治虫が医師免許と医学博士号を持っていたことは 有名ですが、
専門的な知識だけでなく、医療の観点から描き出す
人間の貪欲さや儚さは命について深く考えさせられます。
関係ないですが手塚治虫先生の漫画の中では空気の底という漫画が一番すきです。

二つ目
アドルフに告ぐ

(引用元:https://booklive.jp/product/index/title_id/142743/vol_no/001


また手塚治虫先生の代表作の一つ。
日本人の峠草平を語り手に
日独混血のアドルフ・カウフマン、ユダヤ人のアドルフ・カミル
そしてアドルフ・ヒットラーの三人のアドルフを巡る物語…
とされてますが、カウフマンとカミルの境遇が異なる二人は親友同士であったが、
ナチスによるユダヤ人迫害、更にはイスラエル軍の戦闘に巻き込まれ、
当事者である二人の葛藤や結末に息を呑みます。
歴史について疎いわたしでも当時の様子に思いを馳せてどんなに辛いめにあっても
戦って生きていく人間の強さに感動しました。

3つ目
銀河鉄道999

(引用元:https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=1213

こちらも巨匠松本零士先生の代表作
銀河系の各惑星が「銀河鉄道」と呼ばれる宇宙空間を走る列車で結ばれた未来世界。
母を機械人間に殺された生身の人間「星野哲郎」は、謎の女性メーテルと
「銀河鉄道999」に乗って遥か遠くの星へ、機械の体を手に入れる旅に出る物語
アニメと漫画で結末が違うのもまたいいです。
999号が停車する1つの惑星につき1つのエピソード、という短編の連作で基本的に構成されてますが、
一見豪華であったり美しく見える人々も、心は満たされていないという悲しいお話が多く、考えさせられます。
とにかくメーテルが美しい。
ちなみにわたしは松本零士先生の直筆認定書がもらえるという噂を聞き、第一回天文宇宙検定を受けました。

最後に
笑ウせぇるすまん

(引用元:https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=1141

言わずとしれた· 藤子不二雄Aのブラックユーモア作品。
小さい頃から家に漫画があり、好きな作品の一つ。
ドーンでお馴染みの喪黒福造が「心のスキマをお埋めします」
といいつつ、広げていくさまは滑稽でぞくりとします。
結局心のスキマを埋めることなんてできないのだなあと感じます・・・
ドラえもんの生みの親の一人とは思えない夢を与えないお話が多いですが、
相方、不二雄Fの藤子不二雄異色短編集 もなかなかなので、
ブラックユーモアがお好きな方はおすすめします。


以上、とりとめなくてごめんなさい。。
こんな名作達を無料で貸出している図書館はやっぱり偉大ですね。
皆さんもぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

MONSTA X

こんにちは!
バンフーオンラインショップの佐伯です。

今日は私の好きな韓国アイドルについてご紹介したいと思います。
どうか引かずに読んでいただければ嬉しいです。

私が10代の頃は初期の韓流ブームで、韓国ドラマに出てくる
俳優さんがおばちゃんたちに大人気でした。
その頃の私は、自分が30代のおばちゃんになった今、
韓国アイドルにハマるなんて思いもしなかったでしょう。

元々K-POPには全く興味がなかったのですが、小学生の姪っ子が
「防弾少年団(BTS)」にハマり、曲を聞かされるようになってからは
K-POPにどっぷりと浸かってしまいました。

その中でも私の心を射止めたのは「MONSTA X(モンスタ エックス)」というグループです。


(引用元:https://monstax-official.com/)

韓国のサバイバル番組「NO.MERCY」(ノモシー)にて
過酷な審査を勝ち抜いて選ばれた7人組のグループです。
この「NO.MERCY」、本当に過酷な番組で涙なしでは見られません。
普通のオーディション番組と違い、うまい人が選ばれるのではなく、
毎回の審査ごとに最下位が選ばれ脱落していくという番組です。
興味が出た方は是非検索して見てみてください!

2015年に韓国でデビューし日本でのデビューは2年後の2017年です。
まだ日は浅いですがワールドツアーもしており、
今では韓国や日本だけでなく世界で人気のあるグループです!

MONSTA Xの魅力はまず、ヒップホップ系のパワフルな音楽とダンスでしょうか。
耳に残る曲が多く私がハマったのも音楽を聴いたのがきっかけです。
また、歌って踊っている時はすごくカッコいいのに普段は愛嬌があって本当にかわいい!
メンバーたちの仲の良さも魅力の1つで、みんな本当に仲がいいんです。
ちなみに私の推しはウォノ!(上記写真中央のイケメンです)
グループ1のムキムキマッチョですがメンタルは弱め。
またそのギャップがたまらないんです。

そんな私は今年の1月、とうとうファンクラブに入ってしまいました。
そして8月のライブに初参戦します。ファンクラブ先行で当たったので神席を期待しています。
あ〜楽しみ〜

まだまだお話したいところではありますが
読者の方との温度差がこわいのでやめておきます。

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回に…は続きませんのでご安心を。