カテゴリー別アーカイブ: VMS竹橋店

厚くて熱い本

いつもスタッフブログをご覧いただきまして
ありがとうございます。
VMS竹橋店の目堅です。

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

日差しが強いこの時期は、クーラー付けて家に引きこもり…
ということでのんびり読書を楽しんでおりました。

先日読んだ本はガルシア=マルケスの「百年の孤独」。​
参考URL:
https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BE%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%AD%A4%E7%8B%AC-G-%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%82%B9/dp/4105090089

ラテンアメリカ文学ブームの火付け役となり
1982年にノーベル文学賞を受賞しています。

日ごろ手に取るのは文庫本やソフトカバーが多いのですが
こちらはハードカバーのみの発売です。
久しぶりにしっかりした表紙、どっしりとした重みを味わいました。

読みづらい・難解という噂を以前より聞いており、
ずっと気になりつつも避けていました。
確かに長編なうえ、登場人物の名前が似通っていてややこしい小説です。
ですが意外に夢中で読み進められました。
淡々とした文章で、一族の奇想天外かつ濃厚な物語が進んでいきます。
読み終えると「スケールの大きい話だったな…」という感想。達成感ありました。

夏休みなどでお時間ある方、暑い夏にラテンアメリカの情熱を楽しみたい方、
一度手にとってみてはいかがでしょうか。

小さな活版印刷機

皆様こんにちは!VMS竹橋店の石黒です。
ついこの間、こんな雑誌を買いました。

『大人の科学マガジン 小さな活版印刷機』(学研)
印刷マニアの私にとってはたまらない一品!!!
(2017年12月に発売されていたのに今まで知らなかったのが恥ずかしい…)

さっそく広げてみた↓↓↓

なるほど、なるほど、
組み立て所要時間約30分、、、

説明書を読むのが苦手な私ですが、組み立てミスしたくないのでしっかりと読み込み
時間をかけて作りました。(40分かけました。。。)

完成↓↓

おー!いい!インテリアとして部屋に置いてあっても渋い!!!
早速押(印刷)してみよう!!!

活字をひろって、、、
(結構手間がかかる。。。)

印刷できました↓↓

思っていたよりきれいにできました!
付属のインキは黒色のみですが、市販の水彩絵の具を代用すればカラーの印刷もできるとのこと。

また、ネットで依頼すれば、樹脂版も作っていただけるようで、
イラストやロゴなども印刷することができるみたいです!すげー!!!

印刷したい文字を一つ一つ拾っていくのに結構時間がかかりました。
今は版を焼く作業はPCから自動でできるので、本当に楽になったのだなと感じました。
その反面、一つ一つじっくり時間をかけて印刷をする活版印刷機も
改めていいものだと感じました!

余談ですが、マガジンと付録パッケージを合わせて製本している(かなりの厚み)のが驚きました。

色々な楽しい印刷物を皆様とたくさん作っていきたいので、
ご相談事などがございましたらお気軽にVMS竹橋店へおこしください。

近場で自然

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
VMS竹橋店の目堅です。
皆様今年のGWはどのように過ごされましたでしょうか。
私は近場で5月の新緑を感じるべく、等々力渓谷に行ってきました。

渋谷から20分、東急大井町線「等々力駅」下車徒歩3分のところにあります。
東京23区内で唯一の渓谷で、東京都の名勝にも指定されているそうです。

入口からすでにこの緑です。

「ゴルフ橋」
昭和初期、この地域にゴルフ場があったことに由来するそうです

隣接する等々力不動尊にある「不動の滝」
龍の口から水が出ています。


ふと見上げると癒しの森


ここまで写真載せておいて、肝心の川の写真取り損ねました。
(ご興味ある方は検索してみてください)

その他の見どころとして
・古墳
・地層
・日本庭園(花の甘い匂いがたちこめていました)
と、東京23区なのにこのボリュームです。

手軽に非日常感を味わえる素敵スポットでした。
夏はとても涼しく、紅葉の季節もきれいだそうですよ。
皆様もぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

世代を超えても変わらぬアソビ

こんにちは!
2月より新たにオープンをしましたVMS竹橋店の石黒です。

竹橋には弊社の印刷工場があり工場直結の営業店舗として
皆様のお役に立てればと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

 

先日、甥っ子にプレゼントする為におもちゃ屋さんで「ミニ四駆」を買いました。
このミニ四駆ですが、私も小学生の頃によく遊んでいたおもちゃです。

最新のタイプのものを購入したのですが、
私たち世代のミニ四駆とはまったく違う作りになってしまっており、
甥っ子から「すぐ組み立ててほしい!」と頼まれたものの、作るのに悪銭苦闘しました。

それでも何とか組み立てを終えて実際に走らせてみると、
小学生に戻った気持ちになり、とても懐かしく感じました。
甥っ子もとても喜んでくれて、今度近所のショッピングモールで行われる
レース大会に出場すると意気込んでおりました。

インターネットやゲームなど、バーチャルでのアソビが普及している今の時代に、
こういった「モノ」を体感して楽しむアソビもなかなか良いものですね!