カテゴリー別アーカイブ: 本社スタッフ

超絶技巧と網点

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき ありがとうございます。
帆風の豊田と申します。
まだまだ厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。

ところで、みなさんは超絶技巧という言葉を耳にしたことはありますか?
超絶技巧とは、とびぬけて高度な技術によるパフォーマンスのことで、
主に楽器演奏のことを指すらしいのですが、アート作品でも使われたりしますよね。

以前、東京ステーションギャラリーで開催していた吉村芳生作品展に行ったことがあるのですが、
「えっ?これ写真じゃないの?」
と思うくらい実描写がすごいんです!

その絵がこちら。


これらの作品は、対象を見て描くのではなく版画の原理を応用し、
何かを介在させ描くのが特徴となっているらしいです。

具体的には、
①写真を引きのばして印刷し、細かくマス目に区切る
②1マスごとの中の濃さを10段階に分けて数値化し、マス目に数字を記入
③数字だけ方眼紙に写し取り、その上から重ねたフィルムに数値に応じた数の斜線を引いていく
ようですよ。
吉村氏曰く「誰でもできる単純作業」と語っていたらしいですが、
そのマス目の数は数万にも及ぶらしく、
考えただけでも頭がクラクラしちゃいそうですね。

こんな感じ。

人間の目とは不思議なもので、濃淡がついた斜線だけでも
遠くから見ると絵に見えちゃうんですね。
印刷でも同じですが、CMYKの色の小さな点を「網点」と言いますが、
印刷物を拡大してよーく見てみるとこの点々の集まりなんですよね。
興味がある方はぜひ見てみてくださいね!

網点の細かさは線数で表わされ、線数が高いほど網点は細かくなります。
この網点が細かいほど、高精細な仕上がりに!
通常175線が一般的な線数ですが、
帆風では200線と品質にも自信をもってご提供しております!

吉村氏のように、自分で写真みたいな絵を描けちゃうから印刷なんて必要ないよ。
という以外の方々!是非是非、帆風の印刷品質をお試しになってみてください~。
もちろん、自分の描いた絵を印刷したい!や紙以外の印刷のご相談も承っておりますよ^^

余談ですが、
今映画でやっているライオンキングのポスター(下記、3枚のうち1枚)
も実描写だったらしいですよ^^
(いました!吉村氏のように、自分で写真みたいな絵を描けちゃう方!!^^;
 四宮義俊氏の作品です)

8/11まで新宿プロムナードに飾られていたディスプレイポスター。真ん中が絵のようです!
近くまで行って見てみましたが、毛の一本一本まで確かに絵具で描かれてました~\゜Д ゜/
わたしも、こんな絵が描きたい。。。そんなことを想いつつ、筆を擱かせていただきます。


今後とも帆風をよろしくお願いします!

データご入校前に

皆さんこんにちは!
いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
プリプレス部 データチェック課です。

データチェック課では店舗部門、営業部門、Online部門と
色々な部門からお客様がご入稿されたデータを確認しています。

入稿データでの大半を占めるのがアドビイラストレーター
もう印刷データの定番アプリケーションですが、
残念ながら入稿データの不備もあります。

今回は入稿データ不備要因の1、2位を争ううちの一つ

アウトライン です。
文字のアウトラインにつきましては、ご説明不要と思いますので
入稿の前に確認していただきたいところがございます。

イラストレーターの
書式>フォント検索

ここでドキュメントフォントがあるときは
どこかしらにテキスト情報が残っています。

もしここで書体情報があれば、検索して場所の特定もできます。

また、選択>オブジェクト>すべてのテキストオブジェクトで
選択してアウトライン化である程度はアウトラインできると思います。

検索もしくは選択で見つけられないときは以下の事例をご確認ください。

  • オブジェクトロックがかかっていませんか?
  • レイヤー非表示になっていませんか?
  • オブジェクト≫隠す を使用していませんか?
  • エンベロープなどご使用ではありませんか?

レイヤー非表示や、オブジェクトを隠すなどは実際の印刷に影響はございませんが、
フォント検索に書体情報がございますと、どの部分でご使用かを確認作業となります。
弊社以外の印刷会社様も入稿データはアウトライン推奨かと思います。

データをご入稿の前にフォント検索のチェック! をお願いします。

国民的モンスター、20年ぶりに会いに行きます

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
本社スタッフの秋場です。


最近よく晴れて、何かこう、海とか山とかれじゃあとか、
外に行きたくなるような日が続きますね。
とてもいい陽気です。熱気がすごいことを除けば。

私は1週間ほど休暇をいただいたので、お墓参りに帰省しようと思います。
(この記事作成時点ではお盆前)

東北の地元に戻る事になるのですが、正直田舎なので東京の環境に慣れてしまうと
娯楽という娯楽があまりにも少なくやる事があまりなかったり・・・
いい機会なので買ったのに全然進めていなかった携帯ゲームで遊ぶのもありかもしれません。


ゲームといえば、最近人気シリーズポケットモンスターの最新作が発表され、
各所で大きな盛り上がりを見せておりました。
URL:https://www.pokemon.co.jp/ex/sword_shield/

私自身ここしばらくゲームから離れていたのですが、
広告のされ方でしょうか、全体的なデザインでしょうか、
すごく気に入ってしまい今めちゃくちゃ興味があります。

最後に遊んだシリーズが1999年発売の金銀だったので、
恐らく20年ぶりのポケモンとなりそうで今から発売が楽しみです。


・・・


この前公式のショップに行ったとき、幼少のころ好きだったポケモンが売っていたので
思わず購入してしまいました。

手のひらサイズでコレクションしやすいぬいぐるみのグッズですが、
それを理由に散財してしまいそうでちょっぴり今後が心配です・・・


世間では立体物を出力できる『3Dプリンター』というものがありますが、
ぬいぐるみも出力できる『ぬいぐるみプリンター』のようなものが出てくれれば
他にも好きなポケモンを現物化できるのですが、調べてもそういった機械はヒットせず・・・

どなたか ぬいぐるみが印刷できるプリンター 開発お待ちしております!!

ホワイトインク用のオブジェクトについて ~濃度「0%」のオブジェクト~

こんにちは、本社スタッフの橋本と申します。


弊社でもクリアファイルやノベルティなどで「白インク」を使用できる商品がございますが、
よく白インク用のオブジェクトを「0%」で作成されているのをよく目にいたします。

濃度が「0%」ということは色がありません。
色が無いということは、白インクも「塗らない」ということです。
モニター上では「白く」なりますが、印刷物では紙色などのペースの色が見える仕上がりになります。

私も親などに頼まれてデータを作ることがあり、その時の手順は次のようにしております。
この手順が皆様の参考になれば幸いです。

  • 初めのレイヤーに仕上がりをイメージしやすいように、ベースの色を配色します。
    (レイヤーオプションの「プリントする」のチェックをはずしています)
  • カラー刷り用のレイヤーを用意して、デザインをしていきます。
  • カラーのデザインが全て終わったら、白インク用のレイヤーを用意して、「白(0%)」でデザインを作ります。
  • 次回変更作業等をしやすい様に一旦保存をして、白インク用のレイヤーにあるオブジェクトを全て選択、単色で色をつけ、フォントをアウトライン化して別名で保存しています。
  • 最後に仕上がりイメージとなりますが、実際には会員のお名前を入れて作りました。



白インクが自在に使えるようになると、PVCカードなどで幅が広がります。
みなさまも挑戦してみてください。

ヒトのアソビかた

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本社スタッフの山田です。

昨今スマホが普及し、ゲームをするにもコンシューマーゲーム機ではなく、
スマホで遊ぶ時代…

時代の流れと逆行して、着々と人口を増やし続けているコンテンツがあります。


すなわち、『ボードゲーム』


ボードゲームは広義的に解釈すると、日本で言う所の人気のあり、世代を超えて
遊ばれている将棋や囲碁、双六などがカテゴライズされるゲームの事を指します。


一見これらのボードゲームは敷居が高く見られがちですが、
最近のボードゲームはより多くの人達に触れてもらえるように、有志で研究を重ね
ルール改定をしたり、道具のデザインや材質に趣向を凝らしたりと日々進化しています。

本記事では星の数ほどあるゲームタイトルの中から、おすすめを紹介させていただきます。


インサイダー・ゲーム


[引用元:https://jellyjellycafe.com/games/insider]


マスター(進行役)庶民、そしてインサイダーといった3つの役割に分かれ、
カードに書いてあるお題シチュエーションクイズ形式で答えを導き出し、
最終的に最初から答えを知っているインサイダーは誰なのか当てる、というゲームです。

シチュエーションクイズ(水平思考クイズ)はFBIの試験でも採用されているクイズです。

特にプレイヤーの人間性が色濃く表れるため、
仲の良い友人と遊ぶのに持ってこいのゲームタイトルです。

謎解き正体隠蔽
ゲーム内容もですが、道具や箱のデザインもどこか奇妙で惹かれます。


ナショナルエコノミーグローリー


[引用元:https://jellyjellycafe.com/games/national_economy_glory]

ナショナルエコノミーシリーズの三作目である、『グローリー』です。
ゲームとしてはシンプルで労働者を配置して、それに応じた利益を得るゲームです。

ですが、『ナショナルエコノミー』では労働者に対して賃金を支払うため、
支払賃金を確保しつつ、資産を増やしていかなければ、破産の道を辿る事になります。

私自身、何回もあらゆる選択肢を試行、模索して最適解を探す事が好きなため、
ワーカープレイスメントであるこのタイトルは、最も好んでいるゲームタイトルです。


以上、これ以上は長くなってしまうので、2つほどご紹介させていただきました。

今やスマホ一つで簡単に何でもできる時代ですが、
あえてカードやコマの実物に触れながら遊ぶ事は必要なのではないかと私は思います。

脳で、目で、指先で。

『原型』ならではの良さ、是非体感してみてください。


以上となります。
ご精読いただき誠にありがとうございました。

『グッズ制作のアイデア事典』にバンフーのサービスを掲載いただきました!

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本社スタッフの永田です。

本日、6/21(金)発売の『グッズ制作のアイデア事典』(スタジオハード (著), 出版社: SBクリエイティブ)に、バンフーのサービスを掲載していただきました!


↑かわいい表紙でワクワクしますね

こちらは、グッズづくりに興味のある人や、クリエイティブな人に向けた
「オリジナルグッズ製作」の実用書です。
グッズの作り方や入稿方法、納期、バリエーション、注意点などを
初心者の方にもわかりやすく紹介されています。

バンフーのサービスは以下の5つを取り上げていただきました!

①フォトプロップス

②超ドデカトランプ

③プリントせんべい

④プリントクッキー

⑤プリントマシュマロ

バンフーのサービスの他にも、
文房具、ファッション、インテリア、キッチン用品など……
個性的なグッズが全162種類も掲載されています。
販促アイテムやオリジナルグッズをつくるためのバイブルとして活用できそうですよね。

ノベルティのアイディアが必要だったり、
何か作りたいという方はぜひ見てみてはいかがでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございました。

見る未来、見たかった未来

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
本社スタッフの秋場です。

新元号が発表されてから既に2ヵ月が経ちました。
しかし、これといって大きく変わったような実感がないです・・・
発表前はすごく未来っぽさを感じていたのですが
過ぎてみれば待っていたのはいつもの生活。
子供の事に夢見た『未来』の世界は、いつになったら訪れるのでしょう。
いつかその日が来るまで、身近な未来を楽しんでいこうと思います・・・

 

というわけで、身近な未来を感じるために
秋葉原のアーツ千代田で開かれていた展示に行ってきました。


シド・ミード展https://sydmead.skyfall.me/
※開催期間 4/27 ~ 6/2(延長前は5/19) の展示のため現在は終了しております。

 

この展覧会は かの有名な「シド・ミード」氏が描いてきた膨大な作品の中から
厳選された作品が目の前で楽しめるもので、一部世界初公開となる作品も展示される、
日本では実に34年ぶりとなる貴重な個展です!
※一部写真撮影OKでした

 

・・・意気揚々と説明を書いてみたものの
なかなか伝わりにくい気がするので、担当された作品を記しておきます。

・トロン
・スタートレック
・ブレードランナー
・エイリアン2
etc…

日本だと旧タイプの『タイガー魔法瓶「とら~ず」』のデザインを手掛けていたり、
TVアニメーションのメカニックデザインを行っていたり・・・

今見ても驚く斬新なデザイン、スタイリッシュな世界観に圧倒されます。

 

書きたい感想は山ほどありますが自分にとって

「 大 興 奮 」

という3文字がそのまま当てはまるイベントでありました。

‟Adobe” が使えないワタシですが ‟PowerPoint” でウェルカムボード作ってみました

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本社スタッフの永田です。

印刷会社に務めて10年目になるワタシですが、
いつも周りのオペレーションスタッフや
デザイナースタッフが想いをカタチにしてくれているため、
実は、IllustratorやPhotoshopなどのAdobeソフトを使えません。。

そんなワタシですが、
先日、結婚式で使う「ウェルカムボード」の作成を
友人からお願いされました。

もともとデザインやモノづくりは好きなので、
親友の結婚という記念すべき日にこうしたカタチで携われることは、
すごくうれしいことでした。

結婚式の会場に飾るお花は、イエロー。
テーマは、大人おしゃれで
キーワードは、アーバン・ナチュラル・スタイリッシュとのこと。

ふむふむ。アーバン・・・

と意味の検索もしながらイメージを膨らませ、
なんとなく描きたいデザインが決まってきました。


ただ、Illustratorが使えない。


でも、いつも愛用しているPowerPointでもきっとできる。
ワタシは、パワポで作ってみることにしました。


まずは希望のサイズにすべく、
パワポの【デザイン>スライドのサイズ>ユーザー設定のスライドのサイズ】から
スライドを使いたいサイズに設定しました。

今回はB3サイズのパネルが希望だったので、
塗り足しトンボも踏まえてB3よりも一回り大きいサイズに設定。

さらに、
【挿入>図形】から四角いオブジェクトを選択し、
【書式>サイズ】で、オブジェクトの幅と高さをB3に合わせて、
その中でデザインを描きました。

今回のパワポでの制作ポイントは3つ。

手作りトンボは神経を使いました・・・。
上下のイラストには、手書きで黄色いお花を足して
ボリュームアップしてみました。
そして、たくさんのフリーフォントの中から
「アーバン・ナチュラル・スタイリッシュ」なフォントを探し、
最終的には親友にも選んでもらいこちらに決定。

「結婚式におすすめのフォント10選」みないな記事が結構あるので、
気になる方はぜひ検索してみてください♪


そうして出来上がったウェルカムボードがこちらです!


Printed by Vanfu
size : B3
paper : 半光沢紙
processing : 5mmパネル加工


結婚式でも、二次会会場でも置いてもらえ、
来賓の皆さまをこちらでお迎えいたしました。

親友の要望をヒアリングしながら
イメージを膨らませて「想いをカタチに」していく工程は、
とても楽しい時間でした。

これを機に、
改めてパワポでなんでも作れるなあと実感しました。
(手作りトンボは神経を使いましたが・・・)


デザイン制作に特化したソフトをお持ちでない方も、
ぜひ、パワポで「想いをカタチ」にしてみてはいかがでしょうか?

日本のプロバスケ

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本社スタッフの向田です。

最近じわりと盛り上がりを見せている日本のプロバスケ[Bリーグ]。
地域に密着した運営により、球団とファンの距離が近いのも魅力のひとつで、
アリーナに足を運ぶと高齢の夫婦からお子さんまで、幅広い客層に驚かされます。
チームカラーを身にまとったブースター(サッカーで言うところのサポーター)に
埋め尽くされた客席と、光と音楽が織り成すド派手な演出、
そして迫力の試合展開に、観客の大半が熱心なリピーターなのも頷けます。
私はスポーツがまったく苦手なのですが、すっかり魅了されてしまいました。


チームカラー一色の客席


注目は今期MVPの富樫勇樹選手(千葉・PG)
見てくださいこの身長差!
にもかかわらず数々のミラクルを魅せてくれました。

先日、3期目となる2018-19シーズンを終え、リーグは秋までシーズンオフですが、
今年は夏にワールドカップを控えています。
また来年はオリンピックと、さらなる盛り上がりが期待されます。

B1からB3まで、現在チームは全国に46団体。
お住まいの地域や、出身地にあるチームを応援してみてはいかがでしょうか?
https://www.bleague.jp/

チーム愛が高まったら、チームカラーを身に纏いたくなるはず。
推しの選手をデザインしたオリジナルTシャツで、アリーナ観戦に出向くのもオススメです。


帆風のオリジナルTシャツサービスはこちら

”A Perfect Day for Bananafish”

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本社スタッフの山田です。

ブログを書かせていただく度に、毎度の如く音楽について書かせていただいている
私ですが、今回もブレずにとあるバンドについてご紹介させていただきます。

その名も…

King Gnu

東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が
2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。
その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、
新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。
SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017出演。
2017年4月26日、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。


[引用元 : http://kinggnu.jp/biography/

何というか…初めて聴いたときは周りの人に勧めようと思うものの、
多くの人に知られたくないような…
絶妙な心境のまま時が過ぎ、今年1月にメジャーデビューし、
今や至る所でこの名を耳にするようになりました。

J-POPやファンク、ブラックミュージックやHIPHOPなど、様々な土壌で培った、
4人のベクトルがバラバラな感性が混ざってこその自由な音楽が魅力です。

この機会に、確かな実力で音楽シーンを侵略しつつあるKing Gnuの数ある曲達の中から
誠に勝手ながら、いくつかご紹介させていただきます。


King Gnu – Prayer X

ひとえに芸術です。
この曲は原作が少女漫画のTVアニメ「BANANA FISH」のED曲として書き下ろされた曲で、
「祈り」を主題とした歌詞の一語一句を丁寧に楽曲に織り込んでいます。

MVが不気味で、なんだこれ!?となるかもしれませんが、
そう思った方はぜひ、この機会に漫画もしくはアニメBANANA FISH」を一読、一見したのちに
J・D・サリンジャーの短編小説、「バナナフィッシュにうってつけの日」もご一読を…

この曲に込められた真意が見えてきます。


King Gnu – Vinyl

前身バンドSrv.Vinci時代とは打って変わって、
日本で売れるために””サビ絶対主義””に乗っ取って作られた曲です。

かっこいいのはもちろんですが、現代の日本におけるストリートシーンを
曲全体で表現しており、KingGnuの持ち味を遺憾なく発揮しています。


最近はMステに出たり、最新曲「白日」がドラマ主題歌に採用されたりと、
メジャーデビューから凄まじいスピードで走り続けているKingGnu、
ぜひ一度聴いてみてください!!

ありとあらゆるアーティストが出てきてますます面白くなってきた音楽シーン、
今まであんまり音楽を聴かなかった方も、
今ならツボにはまる音楽に出会えるかもしれません…!

ここまでご精読いただき、誠にありがとうございました。
glhf!! 😉