懐かしのMOディスク

こんにちは!
Vanfu 飯田橋店の杉原です。

いつも当スタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

店舗のスタッフとして、
毎日たくさんのお客様のデータや見本を扱い、
保管しているものがあります。

整理整頓をしようと、その中から古い箱を開けたところ、
とても懐かしいものが出てきました。

懐かしのMOディスク、
しかも容量は230メガバイトのものです。

私が入社した頃には
業界標準と言っていいほどあちこちで使われていて、
ページものの入稿などになりますと、
MO 20枚をお持ち込みになられたお客様もいらっしゃいました。
(弊社のMacにコピーするのも大変でした……)

今、市販されているSDHCカードなどは
小指の先ほどの小さな薄い版ですが
1テラバイトものデータを書き込める商品もあるようです。
技術の進歩はすごいですね……。

ちなみに弊社の担当部署に確認したところ
まだ動くドライブがあるとのことでした。

新しいUSBメモリにデータをお引越しする事も可能だと思いますので、
古いデータをお持ちでお困りの際はぜひお気軽にご相談くださいませ。
(MO以外でも受け付けております!)

最後までお読みいただきありがとうございます。

ペニーレイン

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本社スタッフの大城と申します。

私はふらっと無計画に出かける旅が、昔から大好きで、
そんな旅先で出会った、素敵なところを紹介したいと思います。

さて、無計画に行くには、近場がイチバン🚗
東京からも行きやすい群馬〜栃木に旅へ。

同行者のオススメで、栃木県内で有名なパン屋さん『ペニーレイン』に行ってきました。

ペニーレイン…って、なにやら聞き覚えがありますよね?
そう、あのロックバンド『ビートルズ』の曲名です。
https://www.youtube.com/watch?v=S-rB0pHI9fU
※ペニーレイン=ビートルズの出身地リヴァプールにある通りの名前なんだとか。店名にビートルズへの愛を感じてなりません!

お店のロゴにもビートルズのシルエットが…


(ポーズはアビーロード風のつもりが失敗です)

一通り楽しんだところで、入店してみます。


何という、魅力的な店内装飾!広々していてホテルみたいですね。
素敵な空間に、パン選びもテンション上がってしまいます!


全体的に少し照明を落とした店内は、
ホテルのラウンジのようなゆったりとした空間。
ソファーもふかふか、テラス席もあり、お子さん連れもお年寄りも過ごしやすい憩いの場所になっていました。

レストランを併設しているお店もあったり、本店の那須にはドッグランもあるようですよ!
今回行った鶴田店にも素敵なラウンジがありました。

…はっ、うっとりしてしまいました。
パンを買いましょう。

イチバン人気はブルーベリーブレッド(ブルーベリーの練り込まれた食パン)。あとで調べたところ、焼き上がり時間が決まっており、タイミングによっては入手困難だそうですがラッキーなことにGET!
『HELP』というパンや『リンゴスター』など、商品名にもビートルズ愛を感じます。何より、本当にほんとうに全部美味しそう!
「選べない〜」と言いながらラスクやらのお土産も含めてたんまり購入!
そして、せっかくなので、イートインをしてみます。

ジャーン。

上が『HELP』というパン(食べかけでスミマセン💦)
下は新作のブルーベリージャムとカスタードクリームの入った菓子パン
(名前を控え忘れました)
+ドリンクでペニーレインラテ(フラペチーノ的な甘いドリンクでした)をいただきました。

HELPはソーセージの入ったパンでしたが思ったよりしっかり辛い!そしてパンがもちもち。癖になる美味しさでした!(辛いもの苦手ですが何口もいけた)

甘いパンは人気商品がブルーベリーパンだけあって、ジャムの味が濃厚!でカスタードとの相性とパンのカリカリもちもちの食感がたまりませんでした。
ドリンクも、豆からしっかり淹れてあるので、甘いのに珈琲の苦味と香りがきちんとして美味しかったです。

ぜひ、気になった方はふらっとお出かけしてみてくださいね♪
ほんとうにオススメです。


ビートルズを聴きながら次の道中へGO(車)

おまけ、
印刷屋なので袋も気になってしまいました!
この抜き、すごいな〜


お読みいただいて
ありがとうございました。

サイクリング

バンフースタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本社スタッフの関根と申します。

ようやく夏の暑さも和らいで過ごしやすくなってきました。
なので、ロードバイクでサイクリングでもしようかと思っています。
先日ロードバイクのペダルを新しい物に交換しました。

引用元:https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/shimano/PD-GR500.html

シマノのフラットペダルに交換しました。
踏みやすくなりそうなので乗り心地が良くなりそうです!
景色を見ながらサイクリングして、いい汗かいたら水分補給。
マイボトルに好きな飲み物を入れて一息つきたいですね!

帆風ではオリジナルのマイボトルを作れるサービスがございます。
世界に一つだけのオリジナルボトルを手に、秋の景色を堪能してみてはいかがでしょうか?

https://www.vanfu.co.jp/lp/mybottle/

暑い日には熱いものがいいんです!!

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
本社スタッフの苫米地でございます。

8月も過ぎ去り9月も中盤。いよいよ季節は秋に、、、、
と思いきやまだ暑い日が続いていますね…
青森県出身の私からすれば東京都の夏は体験したことのない暑さで、
手のひらで目玉焼きを作れるのではないか?と思うほどです。

・・・

冗談はさておき本当に暑いですね!
こんな日には冷たいものを食べて冷たいものを飲んで、
と!言いたいところですが!
「暑い日には熱いものがいいんです!!」
ということでコチラ!!

「横浜家系ラーメン 魂心家」
URL:http://www.konshinya.com/
こちら、私が今一番ハマっているラーメン店です!!
(美味しそうに撮れていますか?)

(ちなみに先ほどの太字セリフは二郎系。これはまた別の機会に…)

私のオススメは硬め濃いめ多めの味玉ラーメンです。
このラーメンにうずら5個と味玉1個をさらにトッピングし、
小さじ2杯のニンニクを溶かして豪快に啜る!!!
この組み合わせが好きすぎて魂心家には最近ほぼ毎日通ってます。
この濃いめのスープがまたお米と合うんです。しかもおかわり無料!!

そして魂心家でスープも飲み干し、
どんぶりの中身を空にすることを『まくり』と言うのですが…
なんと私が持っているまくり証明書の枚数が現在16枚!!

この証明書を22枚貯めてお店に持っていくと!
『魂心家どんぶり』『魂心家れんげ』『魂心家ペア優待券』のいずれかと交換できるんです!!

勿論『魂心家どんぶり』一択!!

そしてこのどんぶりとれんげには、、、
『魂』の文字が印刷されています!!力強い!!

バンフーの各店舗やバンフーオンラインショップでは、
紙主体の印刷物のほかにも種類豊富なノベルティグッズも販売しておりますが、
どんぶりやれんげへの印刷は今のところ見当たらないのです……

このスタッフブログを機に!!
ラーメン通の方々に贈る世界に一つだけのmyどんぶり、myれんげ!!!
いかがでしょうか!?(笑)

いつか実現する日を夢に見て、
本日も魂心家に行って参ります!!
ご精読ありがとうございました!!!
(引用:http://www.konshinya.com/makuri.html

愛用品!前掛け!

こんにちは。
コンサルティング営業課の櫻井です。
今日は、私がキャンプで愛用している前掛けをご紹介いたします。
(と言っても最近は、全然キャンプに行けなくて、禁断症状が出ていますが)



オッシュマンズのオリジナル帆前掛けです!

色々なアウトドアブランドとコラボしており、
ロゴがたくさんでかっこいいと思います。

欲しいと思った方、残念ながらこちら発売したのが2014年でそれ以降は
恐らく販売されていません。
ヤフオクかメルカリなどでGETするしかないです。
これが発売された時に同じ絵柄(ロゴいっぱい)のナルゲンボトルとTシャツも
あったのですが、それは買っていなくて、後になってかなり後悔しました。


ちなみに、帆風でもオリジナル帆前掛け扱っています!


帆風各店へぜひお問い合わせください!

わくわくトランポリン

いつもバンフースタッフブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます!

内勤センターの天野です。

先日、トランポランドへ行ってきました。

トランポランドとは…
子供から大人まで、誰でも気軽にトランポリンができる屋内の施設です!

トランポリンは小学生振りです。

その当時は本当にもう、トランポリンが大好きすぎて…!
公園のトランポリンで夕方になって空気が抜かれるまで
延々と飛んでいた記憶があります。


(その時のトランポリンはお餅みたいな、下から空気を入れるタイプ…)

さて、今回 何年振りかのトランポリン。

飛び始めると、笑いがとまらず。

無理やり連れてきた友人も、最初は渋っていましたが
飛び始めるや否や爆笑…。

友人と向かい合って、笑いながらジャンプ。

日常では中々ないシーンなので面白かったです。

しかし、開始5分後。
肩、背中、腰、ふともも…
全身にわたり筋肉痛におそわれました。

不思議だったのが、手首の筋肉痛で
なぜか一番痛かったです。(本当になぜ…)

トランポリンは1回1時間コースだったのですが、
最初の10分で十分満足しました…!

帰りにちらっと寄ったお祭りでは
カタヌキに挑戦しましたが、ふつうに粉砕しましたし、
階段をあがる度に背中の筋肉痛がひびきました。

皆さんも久しぶりにトランポリンをする際にはお気を付けください~!

さてさて、今回のトランポランド
初めて利用する方には専用の靴下とステッカーが渡されます。

裏は滑り止めになっています。

印刷というと、どうしても「紙」のイメージですが
靴下の「滑り止め」、「刺繍」なんかも印刷のジャンルです。

靴下への印刷は帆風でもやっています。
ご興味ありましたら、ぜひぜひご相談ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

人生初

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきありがとうございます!
バンフーオンラインショップの福原と申します。

先日、人生で初めてディズニーシーのホテルミラコスタに泊まってまいりました!

とてもおしゃれな造りで、外国に来た気分。
部屋の壁にはいたるところにキャラクターが描かれており、
テンションがあがりっぱなしでした。
ミッキーが印刷されたコップやポストカード等は持ち帰りOKだったので、
持って帰ってきちゃいました〜〜。
形に残るものっていいですね。

素敵な思い出として、大事にとっておこうと思います。
皆さんも、特別な日はぜひ宿泊してみてください!
最後までお読みいただきありがとうございました。

阿波踊り

いつもバンフースタッフブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
本社営業の香西と申します。

先日、会社の同期と高円寺の阿波おどりに行きました!
阿波おどりはJR高円寺駅周辺で17時からスタートですが、
座って観るには場所取りが必要なため、2時間前の15時に集合しました。

今回は6人分の場所をなんとか確保することができましたが
僕たちの15分ほど後にきた後ろのグループは、残念ながら立ち見になっていました…
隣のグループは朝から場所取りをしていたそうなので、
今回は場所が確保できて本当にラッキーでした!

17時まで中央公園の屋台で飲み食いして時間をつぶしました。
すだちビールが最高でした。

16時30分にゴザが敷かれた後の場所取りも制して、
17時から阿波おどりがスタートしました!

子供だけの組や大きな楽器を使った組など合計10組以上みることができました。

とても良い天気で、場所取りもうまくいったので
ゆっくりしながら楽しく阿波おどりを観ることができました!
来年も絶対行こうと思います!
また、この日は30℃を超える暑さだったので
駅で無料で配られていたうちわが大人気でした!

バンフーでももちろんうちわの印刷が可能です!
夏の暑い日に屋外でのイベントを計画中の方はぜひご検討ください!

ポテトサラダ専門店

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
本社営業の向中野です。

私は数年前に体重が急増したことをきっかけに、
マイペースながらダイエットに勤しんでおります。
(見た目にあまり変化はありませんが。。)

その一環として、
なるべく炭水化物の摂取を控え、
意識的に野菜を食べるようにしており、
外食する際にはサラダバーがあるお店や、
サラダ専門店によく行きます。

実はサラダ専門店って結構たくさんあって、
ググると都内近郊のお店がいろいろ出てきます。

その中でもちょっとめずらしいお店に先日行ってきたので、
本日はそちらのお店をご紹介したいと思います。

自由が丘にある「Potato Cream」というお店で、
こちらはただのサラダ専門店ではなく、
名前の通りポテトサラダの専門店なのです!

実際の写真がこちら↓

どうですか?
おしゃれなカップに入っていて、
スイーツみたいな見た目ですよね。

じゃがいもをマッシュポテトにして温めていて、
クリームのようななめらかな食感でした。

家庭的なポテトサラダももちろんおいしいですが、
こちらも新感覚で非常においしかったです!
紙ナプキンやカップスリーブにもオリジナルでロゴが印刷されていて、
こだわりを感じられますね。
店内も非常におしゃれでした。

皆さんも近場のサラダ屋さんを探して、
たまにはヘルシーな食事を楽しんでみてはいかがでしょうか!

印刷博物館

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
本社営業の土黒です。

帆風本社から徒歩20分にある印刷博物館に行ってきました。

印刷博物館は東京都文京区水道トッパン小石川ビルにある印刷に関する博物館です。
1階部分と 地下1階の2フロアで構成されます。
博物館の延べ床面積は約4,150平方メートルで、
うち展示面積が1,770平方メートルです。
2000年に凸版印刷が100周年記念事業の一環で設立され、
印刷文化に関わる資料や研究活動、活版印刷などの印刷を実体験するなどの
実践・啓蒙活動を行っています。

総合展では、印刷の誕生から現代までを大きく5つのブロック
(印刷の発祥 活字 色と形 印刷技術の発達 日常生活と印刷の関係)に分けて、
印刷の歴史を紹介しています。
残念ながらそのエリアは写真を撮る事は禁止されていますが
実際に拝観することにより印刷が文明の発達に果たしてきた役割についての理解を深める事ができます。

総合展とは別に「印刷の家」というコーナーがありました。
印刷の五大要素である原稿・紙・インキ・版・印刷機の関係を実体験を通じて理解することができます。
活版印刷機を中心とした技術の伝承や機器の保存も行っています。


世界最古の本格的な印刷機です。


ドイツ製の活版印刷機です。上部に重さ45kg鷹の像を付けて見栄えがあります。


活字も数限りなく1文字で複数のポイントが用意されています。
中には肉眼でほとんど見えないルビ用の活字もありました。