かないくん・かないちゃん

こんにちわ!青山店営業松房です。

本日は一冊の本をご紹介いたします。
詩人谷川俊太郎が2週間で文章を書き、漫画家松本大洋が2年をかけて絵を書上げた作品です。
これが出版されたとき、印刷マンは衝撃を受け、印刷というものがなんとも素晴らしい工芸品であると
勇気づけられました。

詩や絵の素晴らしさもさることながら、その印刷技巧に驚きを隠せませんでした。
白インキを2版使ったり、銀を混ぜた墨をつかったりと、それはもうたまりませんでした。
実際に手にとって見ると、細部まで印刷にこだわっているのが伝わりました。

その工程はこちらのサイトでご覧ください↓↓↓
http://www.1101.com/kanaikun_making/

そして何より、青山店はこの素晴らしい本を手がけた糸井重里さんの事務所の近くなのです。
たまにお見かけしては、【この人についていけば埋蔵金にたどりつけるかも】とか思ったりしています。
素晴らしい印刷物が出来るように日々精進しておりますのでどしどしお声かけください!

写真は【かないくんを持つ、青山店受付かないちゃん】です。
写真のコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です