Vanfu Online Shop|バンフーオンラインショップ

  • ログイン
  • 新規登録
  • カート 0
24時間フリーダイアル受付中|0800-222-2221

バンフーのインサツコラム|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

効果的なポスターの貼り方とポスターを貼るときの注意点

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

効果的なポスターの貼り方とポスターを貼るときの注意点

最近ではポスターは多種多様です。風景や絵画、デザインなどのアート系のポスター。アイドルやアニメ、バンドなど趣味や同人系のポスター。カレンダーや宣伝、案内の実用的なポスター。使い捨てのポスターから剥がした後も、ずっと大切にとって置きたいポスターまで。

街の中、お店やオフィスの壁など、いたる場所で何気なく目にしているポスター。どこでも見かける身近な存在ではありますが、いざ自分がポスターを貼るとなると、疑問も浮かんでくるのではないでしょうか。

「どうしたらキレイに貼れる?」「もっと目立たせられないかな」「部屋の壁を傷つけないで貼る方法は?」…今回はそんな疑問にお答えして、”ポスターの貼り方”をクローズアップしてみましょう。

ポスターを貼るときに注意しなくてはいけないこと

ポスターの貼り方にはいくつか方法があります。それぞれに注意したいことがありますので、ポスターを貼る前に確認しておきましょう。

画鋲(ピン)を使う

画鋲はポスターの貼り方として一番簡単な方法です。しかし、画鋲を使えば壁やポスターに穴が開くのは避けられませんし、時間が経過すると画鋲を刺した箇所が劣化して破けやすくなります。サビが発生して壁やポスターに跡が残ってしまうことも。賃貸住宅や賃貸オフィスなどでは、できれば避けたい方法です。

画鋲を使う場合は、コルクボードや掲示板の上にポスターを貼るほうがおすすめですが、ピン跡が残らない(目立たない)画鋲も登場しているので、そういったものを選ぶのもひとつの方法です。ただし最初に申し上げたようなポスターそのものの劣化は避けられません。画鋲は、あくまで一時的に、簡易にポスターを貼る場合に適した方法だと言えます。

テープを使う

セロハンテープや両面テープは、壁面の素材によっては粘着力が不十分だったり、逆に粘着力が強すぎて剥がすときに壁やポスターを痛めてしまったりすることもあります。また、テープは、壁紙クロスなど細かい凹凸(でこぼこ)のある壁面では剥がれやすいです。実際ポスターを貼る前に、壁とテープの相性を確かめておく必要があります。

ポスターをテープで貼る場合は、専用の強力粘着タイプのものを用意するのがおすすめ。ポスターをしっかりと壁面に貼ることができ、しかもきれいに剥がせる両面テープなどが多種類市販されています。

マスキングテープを使うのも1つの手です。壁が平滑で貼りやすい場合は、そのままマスキングテープのデザインを活かしながら、おしゃれにポスターを貼ることができます。

テープを見せずにきれいに仕上げたい場合は、マスキングテープをポスターの裏側の粘着させたい部分(例えば四隅)に貼り、そのマスキングテープの上に強力粘着タイプの両面テープを貼ることで、ポスターを保護しつつ壁面にもしっかり貼ることができます。

画鋲とテープ、クリップ

「壁面の穴は気にしない。ポスターを大切に扱いたい」という方は、画鋲とテープ、クリップ、磁石の組み合わせでより効率的に仕上げることができます。

1つ目が、画鋲とテープの組み合わせ。
適度に切ったテープの粘着面の中心に画鋲を刺し、その画鋲付きのテープをポスターの裏面に貼って画鋲で壁面に貼る方法。剥がす時はそっと画鋲付きのテープを剥がすだけなので、ポスターは痛みません。テープにマスキングテープを使用するとより安全に剥がせます。

2つ目が、画鋲とクリップの組み合わせ。ポスターの四隅をクリップで留めて、そのクリップを画鋲で刺して壁にはさみます。

3つ目が、画鋲と磁石の組み合わせ。予めポスターを貼る四隅の壁に画鋲を刺し、ポスターを画鋲と小さな磁石で挟んで留めるだけ。

いずれも百均などの生活雑貨店で安価に揃えられますので、ぜひ試してみてください。

粘着剤を使う

テープも画鋲も不要なジェルや粘土のような粘着剤もあります。粘着剤を適量ちぎって、丸めてポスターと壁の間にはさみ押し付けるだけで貼り付けられるものです。しっかりポスターを貼り付けられ、貼り直しも簡単です。こちらも百均などで販売しています。

額縁やパネルを使う

大事なポスターを長期間美しく保ちたい方に適した貼り方です。インテリアとしてポスターを飾っておきたい場合や、屋外にポスターを掲示したい場合などにおすすめです。額縁やパネルを使用すると、ポスターが高級感を増す効果も期待できます。

また、サイズの大きなポスター、厚めの用紙のポスターは重みでなかなか粘着が難しかったり、重みで用紙が伸縮してたわむことが考えられます。そんな時は額縁やパネルが最適です。

ただし、コスト面が割高になることに加え、額縁やパネルを壁面に取り付けるための留め金具や画鋲などを要します。それらが使用できる壁面かどうかは、事前に精査しておきましょう。屋外の場合は、上だけではなく下も固定しておかないと、風にあおられて落下する可能性もありますので、注意してください。

風雨や経年劣化への耐性を重視するなら、印刷時にラミネート加工を指定するのもよいでしょう。

簡単キレイにポスターを貼る方法

交通広告や案内ポスターをきれいに貼るコツは、壁面とポスターの間に隙間ができないようにすること。屋外の場合はとくに、隙間があることによって雨水やホコリなどが入りやすくなり、ポスターの劣化や剥がれにつながります。

壁面にポスターを密着させるなら、テープを使った貼り方が適しています。事前に、ポスターの四辺の隅ギリギリに両面テープをしっかりと貼っておきましょう。テープの保護シートを剥がしたら、まず上辺を壁につけ、ポスターをやや下に引くようにしながら、両辺を上から少しずつ壁に密着させていきます。たるみに気を付けながら、最後にしっかり下辺を貼りましょう。

一般的な両面テープは時間がたつと縮む場合があり、剥がれてくることも想定されます。長期でポスターを掲示する場合は、糊つきの合成紙でポスターを作成するのもおすすめです。あらかじめポスターの裏面にシール状の糊がついており、壁面にぴったりと密着させて貼ることができます。屋外の看板やガラス窓など、ツルツルした面に貼ることを想定しているなら、もっとも適した方法だと言えます。

ただし、貼る面に汚れが付着していると剥がれやすくなります。事前にきれいに拭いて、皮脂やホコリなどがついていない状態にしておきましょう。また、貼るときに気泡が入りやすいので、空気が入らないよう少しずつ丁寧に密着させていくのがきれいに貼るコツです。

まっすぐポスターを貼るのが難しいと感じている方もいるかもしれません。目安になる直線がない場合は、5円玉に糸を結び付けて壁面でテープに仮留めしてください。糸はポスターと同じくらいの長さを取ります。その糸をガイドラインにすると、簡単にまっすぐきれいにポスターを貼ることができますので、ぜひお試しください。

ポスターの効果を最大限に発揮する貼り方

商品の宣伝や告知を目的としたポスターは、多くの人の目に触れるための工夫が求められます。デザインも大事ですが、貼る場所に留意すると、より多くの集客がかなうかもしれません。

広場や建物の前など、人がよく集まる場所、足を止める場所では、目線の高さか、やや高めの位置に貼るのがおすすめです。人は立ち止まっているとき、視野を広げて周囲を広く見る動作を無意識のうちによく行なっています。室内など狭い場所では目線の高さに、屋外ではやや高めの位置に貼ると、視野に入りやすくなるはずです。

道路沿いや建物内通路などにポスターを貼る場合は、移動中に目に留まることを意識する必要があります。目線の高さに貼るのも悪くありませんが、目線よりやや低めの位置に貼るのもおすすめです。移動しながらの目の動きに入りやすく、「これはなんだろう?」と思わせる効果を狙えます。

各種ポスター印刷のご注文はこちら

ポスターの商品一覧

ページトップへ