UVニスコート(ultraviolet varnish coating)、紫外線硬化型ニス 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

UVニスコート(ultraviolet varnish coating)、紫外線硬化型ニス製本加工



UVニスは、紫外線硬化樹脂、希釈剤、増感剤および助剤で構成されている。水性ニスと同様にUVニスもタック(粘性)がないので、インキと同じ印刷ユニットでは使えない。印刷ユニットの最後にコーターユニットを組み込んだ印刷機が必要である。

また、UVニスは水性ニスのように熱乾燥しない。UVインキと同じく紫外線にあたって化学反応し硬化する性質を持つため、乾燥装置も印刷機の排紙部分であるデリバリ部に乾燥装置の代わりに光硬化装置として紫外線照射ランプが付いている必要がある。

UVニスコートの最大の特徴は表面強度と光沢のよさである。プレスコートと同等の光沢を持ちながら、プレスコートに比べても表面強度は圧倒的に強い。

同じインラインコーティングである水性ニスに比べれば費用は高いが、プレスコートで表面加工をするよりは安価である。即乾性なので、すぐに次工程へ作業が進められるから、短納期対応性がよく省スペースですむという生産性上の大きなメリットがある。

また、VOC(揮発性有機化合物)を含まないので環境面でもよい。このようなメリットから、食品用、日用雑貨などパッケージ、紙器の印刷では特に普及している。
「表面加工」の関連用語
ページトップへ