打ち抜き(die cutting and creasing) 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

打ち抜き(die cutting and creasing)製本加工



紙器の加工工程で、印刷終了した板紙を所要の形状に断裁する型抜きと折り筋を入れる筋付け(罫入れ)をおこなう加工のことを打ち抜きという。この工程は切れ刃と押し罫をベニヤ板に埋め込んだ抜き型と、それに対応して面板上の厚紙を掘って形成した雄型を打ち抜き機に装着して、圧力をかけておこなう。紙器(ケース)だけではなく、ポップアップ(飛び出す)絵本、ビニール表紙、ジャケット(カバー)の折り付けなどの加工、製函(箱)の型抜きやフランス表紙の筋つけ等の加工でも使われる。

索引やインデックスを表す溝を小口に抜く加工を見出し抜きという。刷り本の段階で抜き加工をしておき、抜いた後で折り丁にする方法が一般だが、見出し抜き機によっては製本後抜くことのできるものもある。
「表面加工」の関連用語
ページトップへ