マットOPニス 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

マットOPニス製本加工



光沢のあるプロセスインキの上に重ね刷りすることで、光沢のないマット調の印刷物にするのがマットOPニスである。マットニスとも呼ぶ。

マットOPニスは、光沢を抑えるために比較的粒子の大きめなマット剤を含むので、印刷適性は一般のOPニスより劣る。そのため印刷作業時は、ローラーやブランケットへの転移不良が起きないよう注意が必要である。

部分的にニス引きをするやり方で最近よく見かけるのが、墨ベタの上にデザイン的な絵柄や模様をマットニスで刷ることで、元の墨とは違った特色のグレーのような質感をデザイン的に持たせるといった効果を出した印刷物などである。マットだけでなくグロスニスも組み合わせて刷ることで、さらに効果を際立たせるような、デザイン的な活用法もある。
「表面加工」の関連用語
ページトップへ