裏白掛け、千鳥掛け、追い掛け 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

裏白掛け、千鳥掛け、追い掛けプリプレス/制作、製版、刷版



全部片面だけが印刷されて裏白となるよう面付けすることを裏白掛けという。

これには2種類の方法があり、1つ目は、回し折りをして折り丁にした状態でページが並ぶよう面付けしたもので千鳥掛けという。配列は本掛けと同じになる。市松掛けともいう。

2つ目は、印刷と折りの手間を少なくするため、「千鳥掛け」をせず片面だけ全面に面付けして刷る追い掛けである。
「刷版」の関連用語
ページトップへ