略掛け(half-sheet work)、打返し掛け、半裁掛け 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

略掛け(half-sheet work)、打返し掛け、半裁掛けプリプレス/制作、製版、刷版



ページ物の印刷の面付け方法の1種で本掛けに対して略掛けという。打返し掛けや半裁掛けともいう。

通常「本掛け」では、例えば表面に8ページ分、裏面に8ページ分を面付けして印刷するなら、刷版も表裏計2版を作成し、表面に続けて裏面と2回印刷機に通して刷る。

「略掛け」では、表面4ページ分と裏面4ページ分を合わせて面付けすることで刷版を1版だけ作成する。これを片面刷った後で左右に裏返してから、同じ版で残りの片面を刷る。

印刷終了後、刷り本を半分に大裁ちして折り丁2組を得る方法である。
「刷版」の関連用語
ページトップへ