無版印刷方式、ダイレクト印刷方式 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

無版印刷方式、ダイレクト印刷方式プレス/印刷



DTPのページレイアウトソフトで作成したデータを、製版フィルムや刷版などを作成することなく、直接、用紙にプリントしてしまう印刷方式をダイレクト印刷という。Computer To Pressの略でCTPともいう。刷版がないことから無版印刷ともいう。オフセット印刷に近い再現性を持ち、かつ、生産性もあるハイエンドのプリンタ出力機を使った印刷方式の総称である。

ダイレクト印刷の印刷方式にはおもに電子写真方式とインクジェット方式の2種類がある。共通点は、共に刷版を使わない無版印刷だということである。

電子写真方式の色材は、通常のプリンタで使用するものより微細な粉体(乾式)トナー、または液体(湿式)トナーを用い、オフセット印刷に近い高品質と高速出力が特徴である。

インクジェット方式は、出力速度は劣るが、液体インクを使い印刷インキより高彩度高品質の写真に近い発色が可能である。
「印刷の方式」の関連用語
ページトップへ