折り 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

折り企画・編集・デザイン



折り一般的に印刷をおこなう場合は、印刷機で刷れる最大の用紙サイズの紙を使うのが基本である。

1枚だけの端物であれば、同じ絵柄を何面も並べて一気に刷ってしまう。

ページ物であれば、用紙に入るページ数分を並べて1枚の刷版(さっぱん)を作り、まとめて刷った方が効率がよい。

これを折り機にかけ、1ページ大になるまで折っていく。これをページ組みの製本工程の基本単位とし折りという。紙に何ページ分の印刷をし、それが何折りあるかで、本のページを数える単位となる。
「ページ物作成時の面付け確認」の関連用語
ページトップへ