平版オフセット印刷(off set) 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

平版オフセット印刷(off set)プレス/印刷



平版印刷の主流の印刷方式が、このオフセット印刷である。

オフセット印刷は、まずインキを刷版に付け、刷版からブランケットというゴム製の中間転写体にインキを転移させ(offして)、ブランケットから用紙などの被印刷物に刷る(setする)という方法を取っている。 版から直接印刷せず媒介物を介して印刷するのでoff setといい、これが他の印刷方式が直接刷版から被印刷物にインキを転写する直刷り方式であるのに対し、もっとも異なる点である。従って、オフセット印刷=平版印刷というわけではなく、他の印刷方式が使われることもある。平版オフセット印刷では、刷版には主に平刷版であるPS版が用いられる。

ブランケット(中間転写体)を使うので、版が正像でよい、印刷がシャープになる、耐刷力があがる、などの特長により、主にカレンダー、ポスター、パンフレット、ちらしなど商業印刷の主流を占め、広く利用されている。そのため、通常オフセットと言えば、平版オフセット印刷を指す。
「印刷の方式」の関連用語
ページトップへ