天袋・地袋 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

天袋・地袋企画・編集・デザイン



折り丁になった状態で、全体が綴じられて完全に袋状になっている方が本の綴じられる背側になる。その反対側のページが開いている方が小口側となる。それでは残った折り丁の天地は、文字の組み方向によって逆転する。

日本の本には、縦組みのものと横組みのものがあり、どちらで組むかによって、本を綴じる位置も反対になる。縦組みなら右綴じであり、横組みなら左綴じとなる。

折り丁でも、縦組みなら右綴じで小口は左側となるので、折り丁の地側が二つ折りされた袋状となり、これを地袋(ちぶくろ)という。反対に横組みなら左綴じで小口は右側となるので、折り丁の天側が二つ折りされた袋状となり、これを天袋(てんぶくろ)という。
「ページ物作成時の面付け確認」の関連用語
ページトップへ