台割 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

台割企画・編集・デザイン



ページ物の全ページの構成と内容を、32ページ、16ページ、8ページ、4ページなど用紙の折り単位ごとに区切って、ページ構成を一覧表にして全体の流れを確認できるようにしたものを台割表という。編集段階から制作、製版、印刷、製本工程まで全ての工程にとって重要な役割りを持つ設計図であり、チェックシートとしても使用される。特に雑誌では進行表としての役割りも兼ねており重要度は高くなる。

台割表の作り方は製本の綴じ仕様によって異なる。

中綴じの場合は折り丁を挟む方法をとり、1折りの間に2折りを挟み、その間に3折りを挟むやり方である。台割表もそれに合わせて、最初のページ番号を上から下へ降順に記入し、丁度半分となったところで段を替えて、今度は下から上へ昇順にページ番号を記入していくというU字型を描くものとなる。それ以外の構成要素は他の綴じ仕様と同じである。
「ページ物作成時の面付け確認」の関連用語
ページトップへ