切り違え、切り違い 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

切り違え、切り違い梱包、配送、納品



切り違えは、切り違いや切り違い集積ともいい、完成した本や折り丁などを積み重ねるとき、背と小口、天と地を互い違いにして積み重ねる方法のことをいう。

近年は機械化され自動集積装置(スタッカー)という機械で、一方積みと切り違い集積のどちらかを選択し自動集積することができる。

切り違い集積のことをクロススタッカーという。製本の中綴じライン、無線とじラインとも、自動的に集積と結束をおこなえるように、自動集積装置と自動結束機をライン末尾に連結する。
「梱包」の関連用語
ページトップへ