凹版印刷方式 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

凹版印刷方式プレス/印刷



版の画線部が凹状になっており、その凹部にインキが入るように版全体にインキを付着させ、版の表面をドクターと呼ばれる装置で拭き取ることで、くぼみに入っているインキだけを残して余分なインキを掻き落とし、版を紙に押し付けて用紙などの被印刷物に転写させるのが凹版印刷方式である。この方式によって刷られた印刷物は他の方式よりも厚くインキを盛ることができ迫力のあるものとなる。

凹版印刷方式には、彫刻凹版印刷とグラビア印刷がある。 高級な印刷、偽物防止印刷、写真の印刷に向いている。製版費用は比較的高いが、高精度な写真の再現性を生かして、美術書や写真集、フィルム、ビニール軟包材への印刷に用いられる。

現在でも雑誌の写真ページなどがグラビアページと呼ばれるのは、グラビア印刷を用いていた名残である。
「印刷の方式」の関連用語
ページトップへ