中入れ掛け 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

中入れ掛けプリプレス/制作、製版、刷版



中綴じの場合の版の掛け方を、特に中入れ掛け(quirewise imposition)という。各折り丁を中央から開いて重ね合わせてページ順が正しくなるように、各折りの版面を掛け合わせる。

例えば32ページ物だと1折りは1〜8ページ・25〜32ページの16ページ折り、2折りは9〜24ページの16ページ折りとなる。1〜16ページが1折り、17〜32ページが2折りになる平綴じの面付けとちがっているので注意が必要である。
「刷版」の関連用語
ページトップへ