リス型フィルム(lith type film) 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

リス型フィルム(lith type film)プリプレス/制作、製版、刷版



製版工程で使われる、コントラストが極度に高く解像力も高いモノクロフィルムがリス型フィルムである。工程内ではリスフィルム、または単にフィルムとよぶことも多い。

設定された特定の光量が得られるまではまったく感光せず、その光量を得ると途端に高濃度で感光する超硬調の特性を持つ。つまり透明(光を通す)か真っ黒(まったく光を通さない高濃度)のどちらかしかフィルム上に存在せず中間調(濃淡)のない2値表現に適したフィルムである。印刷がインキが着く部分と着かない白地しかない2値であるという点で一緒であり、印刷版の原画を作るのに適している。

リスフィルムは目的によって撮影用(網撮影用、線画用)と密着用の3種類に分けられる。
「写真製版」の関連用語
ページトップへ