ハイライト版、白とばし 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ハイライト版、白とばし企画・編集・デザイン



原稿のハイライト部分にはわずかに濃度があるが、その部分を強調するため網点がでないように製版処理することをハイライト版、コントラスト版、白とばしなどという。フラットな原稿にコントラストをつけたい時も用いる。また、鉛筆や毛筆、クレパスなどで書いた原稿の風合いを硬調にして表現したり、画線部以外の紙の余白部分が真っ白でなく薄く濃度がある場合にも、「ハイライト版白地トバス」というように指定し白くとばす。
「ページ物作成時の面付け確認」の関連用語
ページトップへ