トータルスキャナシステム(total scanner System) 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

トータルスキャナシステム(total scanner System)プリプレス/制作、製版、刷版



トータルスキャナシステムは、入力(スキャナ)ステーション→画像編集ワークステーション→出力(スキャナ)ステーションの3部で構成されており、階調原稿の入力から刷版の原版である集合フィルムの完成までの製版工程を一貫しておこなうトータルシステムのことである。トータルスキャナとか、レイアウトスキャナシステム、ページメークアップシステムともいう。

カラースキャナ(ダイレクトスキャナ)の入出力の機能に加え、ダイレクトスキャナのころはレタッチ段階で手作業でおこなっていた、貼り込みや線画(このシステムでは文字も線画として扱う)への色指定、画像合成、追加修正、集版までの製版工程でおこなう作業を、ワークステーション上で全てデジタル画像処理でおこなうように進化させた製版機器システムである。

当初はトータルスキャナが一般的な呼び名だったが、Color Electronic Prepress Systemの略でCEPS(セップス)とよばれるようになる。ベースはLW(link workの略で線画データ)、CT(continuous toneの略で画像データ)で構成されている。
「写真製版」の関連用語
ページトップへ