ダブルトーン 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ダブルトーンプリプレス/制作、製版、刷版



1種類のモノクロ階調原稿から、スクリーン角度を変えた2種類のフィルム原版を作成し、異なる2色のインキを重ね刷りすることによって、本来の単色で印刷した時より豊かな2色効果の仕上がりとなる。このような製版手法をダブルトーンという。欧米ではデュオトーンともいう。

主要色(通常は墨色)の版はコントラスト強めの硬調に仕上げ、スクリーン角度は45°で網点フィルムを作り、もう1版はコントラスト弱めの軟調に仕上げ、スクリーン角度は主要色の版より30°角度をズラした網点フィルムを作り、モアレが出ないように製版している。

インキの色は「墨色+カラーインキ(紺、青、茶、こげ茶、グレーなど)」を組み合わせる方法と、「紺+青」や「こげ茶+茶」のような同系色を重ね刷りする方法とがあるが、墨色と組み合わせた方がメリハリがでるといわれる。
「写真製版」の関連用語
ページトップへ