スクリーン印刷 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

スクリーン印刷プレス/印刷



スクリーン枠に張った紗(しゃ)とよぶ布状のスクリーンに版膜を密着させて孔版を作り、その紗の目開きによってできる貫通孔からインキを通して転写する印刷方式をスクリーン印刷という。当初は、シルク(絹)を版に使っていたことからシルクスクリーン印刷ともいう。

現在は、ナイロンやポリエステル、金属糸で編まれたステンレススチールの紗が用いられる。スクリーンを枠に固定して、非画線部に当たるスクリーンを覆い、版に透過部分と非透過部分を作る。カッティング法では、絵柄部分を切り抜いた型紙を使用して非透過部分を作り、写真製版法では、感光液を塗布した後でポジフィルムを焼き付けて水で洗い出し、硬化した感光液で非透過部分を作りだしている。

インキの被膜に厚みがあるので印刷面にボリュームがあり、隠ぺい性にも優れている。版がメッシュ状で線数が粗いため、細かい文字や精細な写真、なめらかなグラデーションなどは再現性がやや劣る。曲面印刷が可能で、布、ガラス、金属、プラスチックなど紙以外の素材にも印刷でき、プリント基板や計器の目盛り、液晶ディスプレイなどにも利用されている。
「印刷の方式」の関連用語
ページトップへ