シャープネス 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

シャープネス制作・製版・刷版



強調写真やイラストの絵柄の境目がボケてかすれたり、にじんだり、ギザギザになっていたりせず、滑らかでありながらシャープに見える鮮明な画像に仕上げるのがシャープネスである。絵柄の境界部分は濃度変化があり、境界の濃度差がシャープネスの尺度となる。鮮明な画像ほど細部の情報が多く、境界部分の濃度差が大きいほどシャープネスも強まる。写真を印刷すると、少しシャープさに欠けた感じに仕上がるためシャープネスをかける。

しかし絵柄によっては強くかけない方がよい場合もある。人の肌物は弱めに、メタリック的な物は強めにするとよい。スキャナではシャープネス処理をおこなうために、光学式ボケマスクを使う機種と、電気的処理のピーキングを使う機種がある。
「写真製版」の関連用語
ページトップへ