グラビア印刷 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

グラビア印刷プレス/印刷



手工業的な彫刻凹版に対して、写真製版の技法を用いて原稿の濃い部分や薄い部分を細かい点に分割し、それぞれの点に対応する金属表面を腐食させることによって作った凹版がグラビア版である。画線部はセルという微小な四角いマス形に区切った凹みを形成し、セルとセルの間には必ずドテというマス目の境ができる。グラビア版全体にインキを付着させ、版の表面をドクター(ドクターブレード)と呼ばれる装置で拭き取ることで、セルに溜まったインキ以外の余分なインキを掻き落とした後、用紙など被印刷物に転写して刷るのがグラビア印刷である。セルに溜まったインキの厚みで階調を再現するので、写真などの豊かな階調再現には最適である。

しかし、セルとセルの間に必ずインキの着かないドテができるため、ベタ部分であっても隙間ができ輪郭部のシャープさに欠けることになるので、細かい文字や細い線などの再現にはあまり向いていない。

また、版に耐久性があるため大量印刷には向くが、製版コストが高額のため小ロットの場合には単価が非常に高くなってしまう。

より写真に近い、精巧で美しい印刷ができるので、主に切手や写真集、美術書、グラフ誌の印刷などに使われている。

また、シリンダー上に絵柄を直接形成するため切れ目のない連続した版を作ることができるので、包装紙や化粧木目板などの建材の印刷にも用いられる。
「印刷の方式」の関連用語
ページトップへ