見当部 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

見当部プレス/印刷



レジスターボード上にあり、給紙装置から送られてきた枚葉紙の位置合わせをおこなった後、印刷ユニットへ送り込む装置を見当部という。

見当部は用紙位置決め装置と用紙増速装置から構成されている。

用紙位置決め装置は、紙を前後、左右方向に対して正確に位置合わせするためのもので前当てと横針、不正紙検知装置で構成される。

用紙増速装置は、位置合わせで停止した紙をくわえて、印刷ユニットの圧胴の回転表面速度まで増速して、圧胴の爪に受け渡すためのものである。
「平版オフセット印刷の工程」の関連用語
ページトップへ