裁ち落とし 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

裁ち落とし企画・編集・デザイン



写真などの絵柄が仕上寸法の位置までしか描かれていないと、少しでも外側に断裁位置がズレれば写真との間に白い部分が出てきてしまい、商品にならなくなる。仕上がり線の外側にある製版寸法線の位置まで絵柄を引き伸ばす塗り足しの処理をしておくことで、このようなトラブルを回避できる。このように絵柄で断裁することを裁ち落としという。

この仕上寸法と製版寸法の間のスペースを裁ち代、ドブとよぶ。このスペースのこと自体も塗り足しや裁ち落としという場合もある。
「製版指定」の関連用語
ページトップへ