背 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

企画・編集・デザイン



上製本の例。図を参照。

ひらを除いた本の綴じられた側の部分を背という。この部分に書かれた文字を背文字という。背文字には、書名、シリーズ名、著者名、出版社名あるいは社のロゴマークが入るのが一般的である。

※束見本(つかみほん)の作成
表紙やカバーをデザインするには、本の仕上がりサイズだけでなく背の幅も知る必要がある。この背幅を知るために作成するのが束見本であり、実際に使用する予定の紙を使って、仕上がり通りのサンプルを作成する。中は何も印刷されていない白紙だが、仕上がりイメージの確認と束、つまり本文の背幅を確認するものである。
「書籍の名称」の関連用語
ページトップへ