平綴じ(針金平綴じ) 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

平綴じ(針金平綴じ)製本加工



丁合い済みの本文ページの背側から数mm内側に入ったノドの部分をひらの表面から針金で綴じた後で、表紙で包んで背を接着剤で糊付けしてから三方仕上げ裁ちして仕上げる並製本の製本方法が平綴じである。

製本後は、ノドを針金で綴じるため背までページが開かないデットスペースとなるので、本の可読性を考慮し折り丁の背から約5mm〜10mm程度(本によって異なる)のノド空きを確保した状態でレイアウトする必要がある。

平綴じは丈夫で耐久性のある製本方法なので、教科書のように長期間にわたって何度も開いたり閉じたりする本に用いられる。
「製本工程」の関連用語
ページトップへ