塗り足し(断ち代) 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

塗り足し(断ち代)企画・編集・デザイン



断裁して印刷物をきれいに切り落として仕上げることを化粧裁ちという。この時断裁位置が少しズレることがある。絵柄が仕上がり線の位置までしかないと紙白が出るので、絵柄を製版寸法線の位置まで引き伸ばす。このことを塗り足しといい、この3mmのスペースのことも塗り足しとよぶ。また裁ち代ともいう。
「編集・デザイン・レイアウト」の関連用語
ページトップへ