フィルムサイズ 【印刷用語集】|ネット印刷通販 バンフーオンラインショップ

24時間フリーダイアル・チャット受付中|0800-222-2221

印刷用語集

テキストサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

フィルムサイズ企画・編集・デザイン



メートル単位とインチ単位の2系統のサイズ表示がある。
単位が異なれば、数字は同じでも実サイズは異なるので注意すること。

1cm≒0.3937inch

・ロールフィルム(35ミリ判)
35ミリ=画面サイズは24mm×36mm

・ロールフィルム(ブローニー判)
6×6(ロクロク)…cm単位
6×7(ロクナナ)…cm単位
6×9(ロクキュウ)…cm単位

・シートフィルム
4×5(シノゴ)…inch単位
5×7(ゴーナナ)=大キャビネ判…inch単位
8×10(エイトバイテン)=六切判…inch単位
11×14(イレブンバイフォーティーン)=大四切判…inch単位

フィルムサイズが大きいほど画像入力(スキャン)時の拡大倍率が低くすむので、粒子も荒れずきれいな画像が作りやすいというメリットがある。逆にフィルムサイズが小さいほど拡大倍率は高くなるので、粒子の荒れを気にするなら倍率に制限が生じることとなる。

またそれだけでなく、画像入力機であるスキャナの解像能力にもピンからキリまであり、それぞれに限界がある。印刷会社が保有する機種によっては、望むサイズに拡大できないこともあるので注意する。
「編集作業」の関連用語
ページトップへ